潜在意識を使うと、どのようにして目標(または、願望)が叶うかについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潜在意識を使って目標(または、願望)を叶える場合のメカニズムを、簡単にまとめておきますね!(モデル)

あなたが、潜在意識に目標(または、願望)を入れた場合、潜在意識は、他人の潜在意識や空間から必要な情報を検索します。

空間の情報網にアクセスして、必要な情報を探し出しすわけです。

たとえると、他人の潜在意識に「叶えたい目標(または、願望)があるんだけれど、知ってたら教えてくれない?」と交渉や頼みごと(コネをつけてくる)をしたり、空間の情報網から必要な情報を引き出します。

その情報を、3次元の脳に伝えます。

伝わった情報は、意識化できる場合もありますし、できない場合もあります。

あなたは、

  • 脳の意識化できる情報
  • 意識化できない情報
  • 潜在意識が見つけてきた情報

を使い、目標(または、願望)を叶えます。

潜在意識を使った場合、コネがついていたり、潜在意識を使っていない人の知らない大量の情報を使えるために、目標(または、願望)が叶うのです。(コネがついていたり、目標(または、願望)が叶う道をすでに知っているのですから)

意識化できない情報を使い目標(または、願望)を叶えるために、
そのために、「魔法のように叶った」という感覚がします。

以上のようなモデルとして理解をしているといいと思いますよ。
最適化されると思います。


Facebookページにご参加ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。